◎設立趣旨

 今、沖縄は多くの問題を抱えています。普天間飛行場の辺野古移設問題、中国の尖閣諸島領有主張問題、そして歴史教科書問題、採択問題など毎日のように地元の新聞を賑わせ、一部のニュースは全国へ報道されております。しかし、これらの沖縄問題は、決して沖縄ローカルの問題ではなく、日本の安全保証を揺るがし、日本の歴史観、国家観を揺るがす国家の基本問題といえます。

 では、何故沖縄にばかりこのような大きな問題が集中するのででしょうか?

 それは、終戦直後から、日本の共産化を目指す勢力が、米軍に上陸され植民地にされた沖縄の歴史と、沖縄県民を利用して、「沖縄を日本革命の拠点」として、反米、反日活動を続けてきたからです。その間に、沖縄のマスコミがのっとられ、沖縄の政治をマスコミの圧力や扇動でコントロールするようになってきたのです。

 そして、現在では「辺野古移阻止」の反米・反日闘争に加えて「琉球独立」の声が上がってきました。その狙いは沖縄を日本から引き離すことにより、合法的に沖縄から米軍を追い出し、沖縄を中国の属領とし、東シナ海から西太平洋の海洋覇権を握り日本を属国とする事にあります。

 つまり、現在の沖縄問題は、中国共産党との間接戦争であり、祖国防衛の沖縄決戦といえます。この戦争に勝利し、沖縄を左翼から取り返すことなく、沖縄を守ることも日本を守ることも出来ません。

 歴史を振り返ると、日本が外国に狙われるとき常に沖縄が真っ先に狙われています。防人の島沖縄を守ることは日本民族の役割であり使命なのです。

 私たちは日本民族の誇りにかけて二つの誓いを建てたいと思います。

  1. 「中国人民解放軍の沖縄上陸を決して許さない!」「沖縄を決してチベットやウイグルのようにしない!」
  2. 誇りある沖縄の歴史を取り戻し、沖縄から日本の再建を目指す。

 以上ふたつの誓いのもと沖縄対策本部を設立し以下の活動を展開してまいります。

(沖縄対策本部代表 仲村覚)

◎沖縄対策本部の活動目標

チャイナ、朝鮮、反日日本人による沖縄分断日本革命闘争から日本を守るために以下の目標を設定し活動に取り組みます。

1. 沖縄分断工作の中核かつ発信源である沖縄マスコミの正常化を実現する。

2. 沖縄の被害者史観を正し、誇りある沖縄の歴史と日本の歴史を取り戻す。

3. 沖縄の愛国政治家を支援、及び輩出し、沖縄の政治を左翼から取り戻す

4. 上記3点、沖縄の政治、マスコミ、歴史、教育を左翼から取り戻し、日本を再建する。

◎沖縄対策本部の活動内容

上記目標を達成するために以下の活動を行います。
1.セミナー等の集会、言論・出版活動、ネットを使った啓蒙活動、選挙支援、ロビー活動。

2.その他、目標を達成するための関連活動。

沖縄の真実(H26.05.03)

コメント: 3
  • #3

    仲村覚 (木曜日, 15 9月 2016 16:15)

    一沖縄対策本部会員者様
    コメントありがとうございます。
    どのような誤解がもう少しお聞かせいただければと思います。
    勝手に推測いたしますと、「・」があるため、日本と沖縄が対等だという誤った印象を与えるとのことでしょうか?
    もし、そうなら「・」を外して、「日本沖縄政策研究フォーラム」という名称でいかがでしょうか? ご提案は、日本「沖縄政策研究」フォーラム という名称を頂きましたが、活動範囲や目標は、沖縄政策に限定するのではなく、沖縄問題の解決を通して日本を再建するということが目標のため、少し違うかななと思っています。名付けは限られた文字数で団体のコンセプトを説明するので大変むずかしいです。このシンプルな名前を決めるまでもかなりの議論を重ねました。ご提案ありがとうございます。

  • #2

    一沖縄対策本部会員者 (木曜日, 15 9月 2016 12:49)

    設立の趣旨には大いに賛同しますが、名称は誤解を招き兼ねないので疑問
    (例)
     日本「沖縄政策研究」        フォーラム

  • #1

    (社)政経倶楽部大阪支部阿部 (月曜日, 22 8月 2016 20:14)

    日本創生は、貴本部が宣言しておられるように、”沖縄”からその狼煙が 上がり、日本中に浸透して行くものなのかもしれません。
    志のない政治家や、選挙対策に走る政党に期待が持てない現実が横たわっていますが、もう政治家を頼っている時間がありません。
    一念発起して、『沖縄対策本部』を立ち上げられたことに敬意を表します。
    日本の喫緊の脅威と課題は、中国共産党の横暴です。その標的が沖縄です。手助けをする日本の左翼勢力、マスコミを覚醒し、中共の野望を木端微塵に紛粋致しましょう。
    日の丸を掲げる行進は、実に素晴らしい的を得た運動です。
    そこに日本の有るべき姿の原点が凝縮されていることを確信します。
    共に頑張る勇気を与えて頂きありがとうございました。